中国では古くから飲まれている葛の花茶

葛の花茶は中国では古くから飲まれているもので、その味わいの良さは大変に魅力的です。花を使った中国茶は多数ありますから、葛の花茶も同様な製品になります。乾燥させた状態で製品化されたもので、その中には紫色の花の部分が残っているのが特徴で、色素が褐色になることがありません。このような特徴を備えているため、葛の花茶は見た目も含めて楽しめる飲み物になっているのです。

ガラスの耐熱ポットを利用して淹れると、花びらの部分が浮かんで美しくなります。この段階では少しだけ蒸らしてから、茶碗に入れて楽しむことになります。抽出したお茶の色彩も美しいために、ガラスの耐熱容器に入れて飲むこともおすすめです。あるいは、白磁のカップに入れて色彩の変化を楽しむこともできます。

葛の花茶の原料となる植物については、古代中国の神農本草経でも紹介されています。様々な書物で紹介されていることから、中国では紀元前の昔から使われているのです。利用の歴史が非常に長いことは、それだけに有用なことを意味しています。実際に美味しいのはもちろんですが、健康にとっても有益な飲み物として重宝されてきました。

葛の花茶は日本ではポピュラーではありませんから、入手が難しいこともありますが、薬膳食材の分野では知られています。薬膳や中国料理の食材を扱っている店では、取り扱っている可能性が十分にあります。あるいは、通販で薬膳食材を扱っている店を探すことも賢い方法です。
葛の花サプリを徹底調査│体重は減るの?効果は?口コミ大調査!はこちら


Comments are closed.